黒織部ひさごコーヒーカップ

■サイズ
カップ:径7.5僉々發機7
(持ち手まで含めた長さ10.5僉
ソーサー:径13.5僉々發機1.5
※8分目まで約120ml入ります。

・手作りの為、個体差があり、5弌1冂度の誤差が生じることがあります。
・電子レンジ使用可、食洗器は使わずなるべく手洗い推奨します。
・器のお手入れはこちらのページを参照ください。


黒織部ひさごコーヒーカップ
森本陶苑 黒織部 ひさご コーヒーカップ

豊臣秀吉も好んだ吉祥文様「瓢箪(ひさご)」

織部釉の温かみのある陶器(土もの)のコーヒーカップです。黒織部とは、織部釉の焼成が完了した時点で製品を窯の外に引き出して急冷させ鉄釉を漆黒色に発色させる技法で、また文様を施すことが特徴です。漆黒でモノトーンな意匠はモダンで現代の食卓にならんでも何の遜色も感じさせません。貫入と、ろくろ目(ろくろを引く際のすじ)の入ったカップに、ひさご(瓢箪)の絵柄を茶色の筆で1本1本丁寧に手書きで書き入れています。豊臣秀吉が好んだ伝統的な絵柄ですが、どこかコミカルな印象のある温かい雰囲気を醸し出しています。また、カップ内側は釉薬をかけずに、コーヒーの色合いが見えるように貫入のみ仕上げです。使えば使うほど味わいが増していくのがこの器の楽しみ方にもなります。またモノトーンの黒織部とコーヒーとの相性が良く、コーヒーの深い味わいだけではなく、器との見た目でも楽しむことができます。

使えば使うほど味わいがでる秘密

※貫入(かんにゅう):焼成後の冷却時に生じた釉薬のひび模様のこと。もちろん土の部分のひびではなく装飾になります。日常的に使ってゆくうちに変化する貫入の模様を「景色を育てる」という心で使ってゆくと、ひときわ愛着のあるものに育ってゆくものです。

森本陶苑 黒織部 ひさご コーヒーカップ

ソーサーは小皿として使えます

ソーサーは、たたらづくり(粘土を伸ばして成型する)で作られており、正円でないことが温かみを感じさせる形になります。ソーサーだけでも小皿として使うことが出来るので、お気に入りの和菓子やスイーツなどをのせる小皿としても使ってみてはいかがでしょうか。カップはろくろ作り、ソーサーはたたら作りと違う成型手法で作られていますが、バランス良いセットに仕上がっています。

同じひさご柄で、黄瀬戸織部のコーヒーカップもございます。

■ひさご(瓢箪)柄のご利益(ごりやく)
実を鈴なりに実らせることから開運や繁栄の象徴とされてきました。また中が空洞であるため神が宿るとされ、種がたくさん詰まっていることから子宝に恵まれるとされています。末広がりの瓢箪が三つ揃えば三拍子(縁起が良い)六つ揃えば無病(六瓢)息災と言われています。

森本陶苑 黒織部 ひさご コーヒーカップ

■手作りの器
森本陶苑の器は全て手作りです。その為大きさ、絵柄、色合いがひとつずつ異なります。ひとつずつ違う器の個性としてお楽しみください。また、釉薬流れ、絵柄かすれ、鉄点、細かい小穴等ございますが、問題なく使って頂けるもののみ発送しております。

全品返品無料保証

お手元に届いた時に、イメージと違った場合でも返品対応させて頂きます。

森本陶苑ではネットで買い物されるお客様の不安を無くしたいと考えます。お手元に届いて、ご納得頂けない場合は返品対応をさせて頂きます。
安心してお買い物ください!

詳しくはこちらをご確認下さい。
販売価格
4,180円(税380円)
購入数