志野ご飯茶碗 大

■サイズ
カップ:径12.5僉々發機7

小サイズはこちら

・手作りの為、個体差があり、5弌1冂度の誤差が生じることがあります。
・電子レンジ使用可、食洗器は使わずなるべく手洗い推奨します。
・器のお手入れはこちらのページを参照ください。



志野ご飯茶碗 大
森本陶苑 志野 ご飯茶碗

白飯を引き立てる控えめな器

志野釉の温かみのある陶器(土もの)のご飯茶碗です。志野は桃山時代からの技法によって焼かれており、長石釉をかけて焼いた乳白色の陶器。白い淡雪が降り積もったような美しさで、手取りもよく見た目もやわらかな情感が伝わります。白がベースといえども、変化のある味わい深い白色の発色です。まさに白飯を引き立てるためのご飯茶碗です。全体的に貫入が入っており、使えば使うほど味わいが増していくのがこの器の楽しみ方にもなります。

使えば使うほど味わいがでる秘密

※貫入(かんにゅう):焼成後の冷却時に生じた釉薬のひび模様のこと。もちろん土の部分のひびではなく装飾になります。日常的に使ってゆくうちに変化する貫入の模様を「景色を育てる」という心で使ってゆくと、ひときわ愛着のあるものに育ってゆくものです。

森本陶苑 志野 ご飯茶碗

毎日使うものだから”こだわり”をもって選んで下さい。

ご飯を食べるお茶碗は『飯碗』と言って、『自分専用』のものが決まっているパーソナルな器です。箸や汁椀も同じ仲間ですが、これって洋の食器には無い考え方です。自分専用が決まっていて、さらに毎日のように使う、いわば生活の友ともいえる存在です。だから選ぶ際は『自分にしっくりくるか』が大事です。

自宅で使う場面を少しイメージしてみて下さい。

ちょっとでも「いいな」「いいかも」と感じたら、迷わず買いだと森本陶苑はおススメします。たまに使うものを贅沢するよりも、毎日使うものを少し贅沢にする。こんな考え方は野暮ですが、1回あたりのコストパフォーマンスは高いです。

森本陶苑 志野 ご飯茶碗

※サイズ違いのご飯茶碗で夫婦使いにおススメです。
森本陶苑 志野 ご飯茶碗
森本陶苑 志野 ご飯茶碗
小サイズはこちら


■手作りの器
森本陶苑の器は全て手作りです。その為大きさ、絵柄、色合いがひとつずつ異なります。ひとつずつ違う器の個性としてお楽しみください。また、釉薬流れ、絵柄かすれ、鉄点、細かい小穴等ございますが、問題なく使って頂けるもののみ発送しております。

全品返品無料保証

お手元に届いた時に、イメージと違った場合でも返品対応させて頂きます。

森本陶苑ではネットで買い物されるお客様の不安を無くしたいと考えます。お手元に届いて、ご納得頂けない場合でも返品対応をさせて頂きます。安心してお買い物して頂ければと思います。

詳しくはこちらをご確認下さい。
販売価格
3,960円(税360円)
購入数